一覧へ戻る

継続教育

教育プログラム

 

看護の力を磨いていくために、当院のプログラムによるクリニカルラダーを導入。一人ひとりに合ったキャリアアップを目指します。

 

ラダーⅠ

ガイドラインが必要なレベル

 

上司から与えられた目標を達成するためにルールやマニュアルを厳守して、仕事をしていく上で必要最低限の知識や技術を身につける努力をしていく。

 

 

職務目的 ◎マニュアルや指導を受けながら日常の看護ができる
成果責任 ◎部署での自己の位置づけを知り役割を果たすことができる
◎看護業務を確実に遂行できる
◎患者の生命や人権を意識して尊重できる
◎院内における教育プログラムに参加する
◎看護過程の展開をまとめ部署内で発表できる
臨床実践 ◎パイタルサイン-検査値等 の正常値を活用できる
◎疾患に関する解剖生理が理解できる
◎身体的側面の知識が活用できる
◎収集したデーターを活用できる
◎指導を受けながら担当患者の一日のケア計画を立案できる
◎担当患者のケア計画に沿って病棟にあるマニュアル等を使用して患者及び家族の指導ができる
◎担当患者に行つたケア結果をリーダーに報告できる
◎支援を受けながら根拠に基づき自分の行った看護の評価ができる
◎自己の役割を明確に受け止め個人目標が立てられる
◎退院サマリーを基準に沿って記載できる
管 理 ◎使用した薬剤・物品等のコストを注射箋・看護ワークシート等に記入できる
◎破損・紛失・故障時、速やかに報告できる
◎与えられた業務を時間内に終了することができる
看護倫理 ◎看護師の行為は保助看法に基づくものであることを理解できる
◎自己の行動が患者のプライバシーの尊重につながっているかどうか指導を受けて気付くことができる
◎看護におけるインフォームドコンセントに関心が持てる
教育・研修 ◎教育プログラムを理解し目標に沿って学習を進めることができる
◎先輩の助言を受けながら中間評価し学習目標の修正・立案ができる
◎学生の目標を理解し関心を持って接することができる
◎院内看護研究発表会に参加し研究に関心を持つことができる
◎看護過程の展開をまとめ部署内で発表できる
◎日常の看護の中で疑問や問題意識を持つことができる

 

ラダーⅡ

自分で考え行動できるレベル

 

上司の指示がなくても目標を自ら理解し達成に向けて職務を遂行し患者の身体的、精神的状況に関する情報やデータを分析し検討することができる。

 

 

 

職務目的 ◎自ら自立し、主体的に日常の看護を実践できる
成果責任 ◎患者の個別性に応じた看護を実践できる
◎部署の目標達成に連動した個人目標を立案・実施できる
◎患者の生命や人権を意識して尊重できる
◎習熟度が未熟な看護師を指導できる
◎症例研究を計画し主体的に取り組むことができる
臨床実践 ◎疾患と解剖生理を結び付け理解することができる
◎患者の心理的側面の知識が活用できる 
◎経験した疾患の事例から、同じ状況にある事例に対して応用することができる
◎個別性を考慮に入れケアの方法を考えることができる
◎問題の優先順位を決定することができる
◎計画に基づいた看護ケアを実践し、患者の状態や反応 を判断したケアが行える
◎部署の特殊な処置の実施介助ができる
◎緊急事態に対応できる 
◎看護のケアに対する反応を評価し看護記録に記載することができる 
管 理 ◎看護チームの看護業務が円滑に実施できるようチームメンバーに指示することができる
◎医材料の経済性を考えて使用できる
◎破損・紛失・故障時、速やかに報告でき所定の手続きができる
看護倫理 ◎人間関係の基本姿勢(傾聴・共感など)がとれる
◎日常的なことについてプライバシーの尊重を守る行動が取れているか振り返ることができる
◎生命・人権を尊重した行動がとれる
教育・研修 ◎学習に意欲的に取り組み自己の課題を明確にすることができる
◎自分のキャリアプランに関心を持つことができる
◎適切な看護場面を学生に見せることができる
◎症例研究をまとめ院内で発表することができる
◎看護の疑問に対し文献を活用し根拠を明らかにすることができる
◎プリセプターとしての役割を担うことができる

 

ラダーⅢ

チームメンバーに指導ができるレベル

 

目標達成に向けあきらめずに部署の目標設定や評価に参加し、率先して意見を述べることができる。また情報やデータの分析だけでなく幅広い知識、経験、理論を用いて総合的な視点から現状分析し自ら提案することができる。言葉では明確に表現されていないことでも相手の雰囲気から、その思いを察することができる。

 

 

 

職務目的 ◎看護実践においてロールモデルとなり、後輩を育成できる
成果責任 ◎患者・家族へ満足度の高い看護を実践できる
◎個人目標や部署目標を達成する為に率先して行動できる
◎部署の看護業務を把握し、改善と省力化(効率化)に向けて取り組むことができる
◎チームメンバーを支援できる
◎キャリアアップに向けての研修に参加することができる
臨床実践 ◎患者の経過と予後についての知識を活用し応用できる  
◎身体的・精神的・社会的知識を続合し応用できる  
◎社会資源に関ずる知識をQOLに結び付けて活用できる
◎事例の経過や状況を通して学ぶことができる
◎潜在する問題を明確にできる
◎意図的に患者参画の看護計画が立薬できる
◎患者の退院後の生活に合わせた患者のゴール設定ができる
◎緊急時の中心的役割がとれる 
◎資源を効果的に活用し個別的な看護ケアが実践できる  
管 理 ◎他部門との連絡調整ができる
◎物品管理のプロセスを理解できる
◎診療報酬や医療情報に関心を持つことができる
看護倫理 ◎患者の知る権利・自己決定を支援することができる
◎どのような場面やどのような事例においても、プライバシーを守る行動を取りまた後輩看護師を指導できる
◎生命・人権を尊重した行動がとれる。また、後輩看護師を指導できる
教育・研修 ◎色々な情報を吸収する機会を持ち、得た知識を日常の看護に反映させることができる
◎部署の教育プログラムに指導者の一員として積極的に参加できる
◎部署別看護研究のメンバーとして研究に取り組むことができる
◎看護研究を臨床に応用することができる
◎院内外の看護研究発表会に積極的に参加できる
◎プリセプターの援助ができる

 

ラダーⅣ

専門性を発揮できるレベル

 

自分のことだけでなく、目標達成ための色々な手段を検討しながら自ら実行。部署内の業務に気を配りながら看護事故や問題が発生しそうなところを事前に発見し防止策を講じることができる。

 

 

 

職務目的 ◎専門分野でのロールモデルとなりリーダーシップを発揮できる
成果責任 ◎看護実践において専門性が発揮できる
◎看護業務の改善に向けて問題解決的に取り組むことができる
◎部署単位における教育的役割をとることができる
◎専門分野における知識を深めることができる
◎専門分野における研究・開発ができる
臨床実践 ◎さまざまな知識を統合的に用いて発展させることができる  
◎退院調整に当たってさまざまな社会資源の活用を考えてコーディネートできる  
◎緊急事態にリーダーシップを発揮し対応できる 
◎複雑な看護ケアの実践に対して洞察と解決をもたらすような情報が記録できる  
◎提供した看護ケアについて質的・量的に評価できる
◎病棟スタッフの看護ケアについて評価し指導できる 
管 理 ◎看護部や看護単位の目標に基づいた活動を推進できる
◎部署単位における委員会や係、会議の推進ができる
◎診療報酬や医療情報を理解し後輩に教えることができる
看護倫理 ◎相手が意思決定をする為の情報を把握し情報提供ができる
◎チームや部署全体がプライバシーの尊重・患者の知る権利と自己決定や生命・人権の尊重ができるように支援・推進することができる
教育・研修 ◎専門分野を深める為に、自己課題を明確にし取り組むことができる
部署の教育プログラムを企画・運営・評価できる
◎学生のレディネスを把握して学習目標達成に向け指導方法を工夫できる
◎専門看護分野における研究を広めることができる