一覧へ戻る

継続教育

教育・サポート体制

プリセプターコース(自分で考え行動できるレベル)

 

 

目的 自ら自立し、主体的に日常の看護を実践する。
目標
  • 患者様の個別性に応じた看護を実践できる。
  • 「看護者の倫理綱領」に基づいた行動ができる
  • 看護業務を効率的に遂行できる
  • 習熟度が未熟な看護師を指導できる
  • 院内、院外の教育研修プログラムに積極的に参加できる

 

業務リーダーコース(チームメンバーに指導できるレベル)

 

 

 

目的 看護実践においてロールモデルとなり、後輩を育成する。
目標
  • 患者様やご家族へ満足度の高い看護を実践できる
  • 「看護者の倫理綱領」に基づいた行動ができる
  • 個人目標や部署目標を達成するために率先して行動できる
  • 部署の看護業務を把握し、改善と省力化(効率化)に向けて取り組むことができる。
  • チームメンバーを支援できる。
  • キャリアアップに向けての研修に参加できる。

 

中間管理者コース(専門性を発揮するレベル)

 

 

目的 専門分野でのロールモデルとなり、リーダーシップを発揮する。
目標
  • 看護実践において専門性が発揮できる。
  • 「看護者の倫理綱領」に基づいた行動ができる看護師を育成できる。
  • 部署目標を達成するための活動を推進できる。
  • 経営的視点を持って、看護業務の改善に向けて問題解決に取り組むことができる。
  • 部署単位における教育的役割を取ることができる。
  • 専門分野における知識を深めることができる。

 

 管理者(看護師長)コース(管理監督レベル)

 

 

目的 自部署で働く看護師等と提供される看護ケアに対して責任を持ち、管理監督、運営を行う。
目標
  • 理論的・実践的知識を活用し、分析的看護を効率的に実践できる。
  • 質の高い看護を継続的に提供する。
  • 倫理実践水準を高め、それを実践する。
  • 危機管理システムを効果的柔軟に運用する。
  • 病院・看護部門の運営に主体的に参画する。

 

E-ラーニング

 

 

院内教育として、看護実践能力の段階に応じた研修企画にE-ラーニングシステムを導入し、一人ひとりの到達度に合わせた教育を目指します。
復職支援(月1回程度)・中途採用者教育プログラム企画

「基礎復習コース」「中堅コース」「管理職・専門コース」から10ポイント以上選択し、受講する